映画が安い日と安くなる方法まとめ~イオンの場合はミニオンズカードが最強です

ども、お得情報ブロガーのペイさん(@pay_cashless)です。

先日、ライトユーザー(年間1~3本ぐらいしか映画を観ない人)が映画をお得に観る方法についての記事を書きました。

映画を安く見る為の4つのポイントを紹介~ライトユーザーはここだけ意識すればOKです
2019.11.11
普段はそこまで映画は観に行かない(たまに行く程度)の場合はどういう割引サービスを使って映画を観れば良いの?そんな風なお悩みをお持ちでしたらこの記事で紹介している4つのポイントを意識してみてください。ライトユーザーがお得に映画を観る為の4つの方法についてこの記事では解説しています。...

その中でも特に思ったことが「イオンシネマのお得感半端ねぇ!」ということです。

割引内容
割引率
割引サービスを使う際の手軽さ

前回の記事を書くにあたって大手の映画館を8社ほど比較したのですが、イオンシネマはこの3点全てがズバ抜けて高いと感じています。

ただしその反面、「サービスが多すぎてなにがあるのか分からない」という点も出やすい映画館かなと感じました。そこで今回はイオンシネマで映画が安い日や安く見れる方法についてまとめていきます。

イオンシネマが近くにあるけど、どの割引サービスを使えば良いかわからない。自分にとって最適な割引サービスが分からないという方はご参考にどうぞ(*‘∀‘)

【結論】イオンシネマで映画が安い日・安くなる方法の中で一番はこれ

まず、最も大切な点はイオンカード、特にミニオンズデザインのカードを持っているかどうかをチェックする事です。

大人1人が映画館で映画を観るときにかかる一般的な料金は1800~1900円の事が多いです。ここにサービスデイなどを上手く使うことで1100~1300円程度に割引ができますが、もしミニオンズデザインのカードを持っていれば大人1人の料金がなんと1000円になります!

映画館では特定のクレジットカードを持っていることで割引がされるというサービスがありますが、この割引率は正直言って全映画館の中で最強クラス(というか最強)です。

ミニオンズデザインのカードを持っている場合は必ずミニオンズデザインのカードを使って優待を受けましょう。

ミニオンズデザインのカードを持っていない場合はどうするの?

ミニオンズデザインのカードを持っている場合は基本的にミニオンズデザインのカード一択ですが、これを持っていない場合は以下の方法でお得に映画を観ることができます。

サービスデイを使う
通常のイオンカードや優待特典のあるクレジットカードなどを使う

ミニオンズデザイン程の威力はありませんがこの方法でも1100~1300円程で映画を観ることは十分に可能です。大人2人だと1000円程度の節約。映画の後、軽いお茶をしたりするぐらいの金額にもなります。

ミニオンズデザインのカードを持っていない場合はこういった方法を活用してお得に映画を楽しみましょう(*‘∀‘)

スポンサーリンク

イオンシネマで映画が安い日を一覧で紹介

ミニオンズデザインがない方の場合はここで紹介するサービスデイを使う方法が最もお得です。特別なクレジットカードや優待がなくてもサービスデイに合わせて上手く映画を観に行くことで安く映画を楽しむことができます。

具体的なサービスデイの日付を以下に一覧で紹介していきます。

イオンシネマのサービスデイ一覧
ハッピーファースト:毎月1日は1100円
ハッピーマンデー
毎週月曜は1100円
新潟西、常滑、津、大日、高松東、宇多津のイオンシネマでは開催せず
サンクスデー
毎週水曜は1100円
新潟西、常滑、津、大日、高松東、宇多津のイオンシネマでのみ開催
ハッピーモーニング
火曜~金曜
朝10時台までの映画が1300円
ハッピーナイト
月曜以外毎日
毎夜20時以降の映画が1300円
お客様感謝デー
20日・30日は1100円
イオンマークのクレジットカード、WAONカード(電子マネー)、WAON POINTカード

特にお得なのはハッピーファースト、ハッピーマンデー、お客様感謝デーです。土日が休みの会社員の方だと日程を上手く合わせる必要があるのが少し面倒ですが、この日に上手く都合がつく方はこの3つのサービスデイのいずれかを使うのがベストです。

年齢によって安く見ることもできる

イオンシネマでは年齢に応じて割引を受けられるサービスもあります。現在、設けられているのは以下の2つのサービスです。

年齢に応じて受けられる割引
ハッピー55
55歳以上の方が対象(年齢が確認できるものを提示)
1100円で映画が観られる
夫婦50割
夫婦どちらかが50歳以上だと利用可能(年齢が確認できるものを提示)
二人で2200円で映画が観られる(夫婦で同じ映画を観る必要あり)

受けられる年齢が限られていますが、対象の方は免許証等を提示するだけで手軽に割引が受けられるので是非活用しましょう。

ふたりデーがあるイオンシネマでは親子やカップルで安く映画が観れる

いくつかのイオンシネマにはふたりデーというサービスデイも設けられています。ふたりデーは先ほど紹介した夫婦50割に似ており、対象の日に二人で2200円で映画が観られるということ。

夫婦50割との違いは友達や彼氏・彼女、親子での利用もできるという点です。使える幅が広いので近くのイオンシネマでこのサービスデイが設けられている場合は是非上手く活用しましょう。

参考までにふたりデーが設けられているイオンシネマに関して以下に紹介しておきます。

参考:ふたりデーが使えるイオンシネマ
イオンシネマ熊谷:毎週水曜
イオンシネマ羽生:毎週金曜
イオンシネマ豊川:毎週水曜
イオンシネマ常滑:毎週月曜
※こちらの情報は記事執筆時点でネットに掲載されていた情報です。最新情報は日々変わる可能性がある為、現在の実施状況等の詳細は各シネマにお問い合わせください。
スポンサーリンク

イオンシネマでの映画が安くなるキャッシュレスを一覧で紹介

「ミニオンズカードを使う→なければサービスデイを使う」という流れがイオンシネマで安く映画を楽しむポイントですが、

ミニオンズカードはない
サービスデイも日が合わない為、利用できない

という方はクレジットカードなどのキャッシュレスを使ってお得に映画を楽しむこともできます。ただし、ミニオンズカードやサービスデイには基本的に劣る為、上記の2つが使えない場合の最終手段としてこちらは使うのがオススメです。

具体的には以下のクレジットカードなどを使うことで安く映画を楽しむことができます。

イオンシネマがお得になるキャッシュレス
イオンマークのついたクレジットカード:一般1800円→1500円
お客様感謝デー(20日・30日)は1100円
エポスカード:一般1800円→1300円
エムアイカードVISA:一般1800円→1300円
タカシマヤカード:一般1800円→1300円
楽天PINKカード:一般1800円→1300円
月額330円のRAKUTEN PINKY LIFEへ加入する必要あり
楽天ペイ:ムビチケで楽天ペイを使って決済することで20%還元
2020/1/10までのキャンペーン
当日券のみが対象
還元上限1万P

サービスデイにどうしても行くことができないが、これらのクレジットカードなら持っているという方は、キャッシュレスを上手く活用して安く映画を楽しみましょう。

dポイントクラブ会員も安く映画を観ることができる

これらのクレジットカードも持っていないという場合はdポイントクラブ会員の優待を使って安く映画を観ることもできます。dポイントクラブ会員では以下の優待が用意されています。

dポイントクラブ会員の優待
300円割引クーポンあり
一般1800円→1500円で映画が観られる
ドコモチューズデー:条件を満たすことで毎週火曜日に1100円で映画が観られる
dポイントクラブ会員でプラチナ、もしくは4thステージの方が対象
プラチナ:docomo回線15年以上契約 or 6か月間累計でdポイント獲得が1万P以上
4thステージ:docomo回線10年以上契約 or 6か月間累計でdポイント獲得が3000P以上
キャンペーンで貯めたポイントは含まない

ドコモチューズデーに関しては条件が厳しめですが、300円割引クーポンはdポイントクラブ会員であれば誰でも利用できます。サービスデーに行けない、クレカも持っていないという方はこちらのクーポンを活用しましょう(*‘∀‘)

まとめ

以上、イオンシネマで安く映画を観る方法、安くなる日に関するまとめでした。最後にこの記事の要点に関してもう一度まとめます。

この記事のまとめ
最強はミニオンズカードでの優待:1000円で映画が観られる
ミニオンズカードを持っていない場合はサービスデーを狙う
サービスデーに行くことが難しければクレカの優待利用がお得
クレカを持っていない場合はdポイントクラブのクーポンを使う

また、今回の記事を書くにあたってTwitterで多くの方に情報を頂いたのですが、その中で金券ショップやフリマアプリでチケットを購入することで安く映画を観られるというご意見も頂きました。

ちなみに私の家の近くの金券ショップではこんな感じ。

1430円でイオンシネマで映画が観られるチケットが販売されていました。

近くに金券ショップがあって手軽に安く映画を観たいという方はこちらの方法を活用するのもありです。イオンシネマは安く見る方法が豊富に用意されているので、できれば定価でみるのは避けなんらかの方法を使ってお得に映画を観る事がオススメです(*'ω'*)

ぜひあなたに合った方法を一度試してみてくださいね☆

スポンサーリンク
関連キーワード
レジャー・娯楽の関連記事
  • 映画が安い日と安くなる方法まとめ~イオンの場合はミニオンズカードが最強です
  • 映画を安く見る為の4つのポイントを紹介~ライトユーザーはここだけ意識すればOKです
  • キャッシュレスまとめ
    【本当にお得なのはこの3つだけです】2019年11月の最新版~キャッシュレスの還元率一覧
    2019年10月10日
  • PayPay(ペイペイ)
    ペイペイ(PayPay)のキャンペーン(10月)まとめ~各キャンペーンの概要と使いどころを紹介
    2019年9月17日
  • 楽天ペイ
    【楽天ペイの10月からの還元率】カード登録・楽天キャッシュ・楽天ポイントごとの違いと最大25%還元を達成する方法を紹介!
    2019年9月18日
  • キャッシュレスまとめ
    【キャッシュレスの最新お得情報】2019年10月5週~11月1週目 開始・終了のキャンペーン一覧まとめました
    2019年10月28日
  • LINE PAY(ラインペイ)
    ラインペイ(LINE PAY)のキャンペーンまとめ~10月開催のキャンペーンとクーポン情報
    2019年10月6日
  • 楽天ペイ
    【まとめ】楽天ペイのキャンペーンで「見逃し厳禁」なものだけを集めました
    2019年10月16日
  • キャッシュレスまとめ
    10月前半のお得なキャッシュレス8選まとめました【増税って怖くないかもと思える話】
    2019年9月26日
  • キャッシュレスまとめ
    スマホ決済のオススメはこれ!2019年の最新情報からまとめました【最初はこの3つでOK】
    2019年9月30日
  • PayPay(ペイペイ)
    【比較】楽天ペイ VS ペイペイ(PayPay) 基本還元率やキャンペーン情報を踏まえどちらがお得かを比べてみた
    2019年9月27日
  • キャッシュレスまとめ
    【一覧表】10月前半の各キャンペーンの還元率と還元上限をまとめました
    2019年10月3日