【d払いの還元率が常時6.5%】docomoユーザーはd払いが強いと改めて感じた件

「dカードお支払い割」の対象になるとdカードの使用で5%還元
d払いにdカード以外のカードを設定していないとdポイントスーパー還元プログラムが対象外になる

最近、こういった2つのニュースが出ましたが、dカードのキャンペーンとdポイントスーパー還元プログラムの仕様変更を上手く使うことでdocomoユーザーはかなりお得にd払いを使えると感じています。

そこで、今回はこの点について記事にまとめていこうと思います。

dカードがdocomoユーザーを対象に5%還元

まず1つ目のニュースですが、docomoユーザーを対象にdカードが5%還元キャンペーンを開始しました。

このキャンペーンは「dカードお支払い割」が適用されるdカードなら通常の還元率1%に加えて4%の期間限定ポイントが還元されるというものです。

dカード キャンペーンの概要
キャンペーン期間:10/1~2020/3/31
月末時点でdカード支払い割が適用されているdカードが対象
対象カード:dカード/dカード GOLD/DCMX/DCMX GOLD
還元率:5%(通常ポイント1%+期間限定ポイント4%)
還元上限:2000P/月(4%分の上限)
5万円使用で上限到達
還元対象外項目あり
iDでの決済
携帯電話料金、年会費、各種手数料など

docomoユーザーで対象の方はカードの決済が5%還元。クレジットカードとしては正直かなりありがたいキャンペーンです。

Memo:docomoユーザーではなくても5%還元が受けられるケース
以下のようなケースの場合、docomoユーザー以外も5%還元となります。
家族:docomo契約
自分:docomo以外で契約
家族のdocomoの料金を自分のdカードで支払いにする
自分はdocomoユーザーではないが、dカードで5%還元が受けられる

余り多いケースではありませんが、こういった形が使える方もキャンペーンに参加可能です。

スポンサーリンク

dポイントスーパー還元プログラムも改定!dカード優遇へ

もう1つ重要な改定が先日発表されました。

これはdocomoが提供する「dポイントスーパー還元プログラム」の改定です。
dポイントスーパー還元プログラムはdocomoの対象サービスなどを使う方を対象にこれまでd払いとiD決済で0~7%追加で進呈するというものでした。

これまで、d払いにどのクレジットカードを設定していてもdポイントスーパー還元プログラムの0~7%を加算してもらえていましたが、今後はdカード以外のクレジットカードを紐づけてd払いで決済するとdポイントスーパー還元プログラムの0~7%がもらえなくなるという改定です。

dポイントスーパー還元プログラムの改定内容
d払いの際、支払い方法にdカード以外のクレジットカードを紐づけているとdポイントスーパー還元プログラムの0~7%が加算されない
11/10より変更
以下の場合はこれまで通りdポイントスーパー還元プログラムが適用される
支払い元がdカードの場合
コンビニ/ATM/銀行口座からd払いウォレットにチャージし残高から支払う場合
電話料金合算払いで支払う場合(docomoユーザーのみ)

この仕様変更により11/10以降は以下の様に還元率が変わります。

d払いの還元率クレカの還元率スーパー還元プログラム合計
dカード0.5%1%0~7%1.5~8.5%
dカード以外のクレカ0.5%概ね1%0%1.5%
残高/電話料金合算0.5%なし0~7%0.5~7.5%

dポイントスーパー還元プログラムで1%以上還元がある場合はdカードか残高/電話料金合算払いがお得になります。

<例:dポイントスーパー還元プログラムの還元率が1%の場合>

dカード:2.5%
dカード以外のクレカ:1.5%
残高/電話料金合算払い:1.5%
dカード紐づけての支払いが最もお得

その反面、dポイントスーパー還元プログラムが0%の場合はこれまで通りメインカードをd払いの支払元に紐づけでOKです。

<例:dポイントスーパー還元プログラムが0%の場合>

dカード:1.5%
dカード以外のクレカ:1.5%
残高/電話料金合算払い:0.5%
メインカードでほしいポイントを貯めるのがベスト

dポイントスーパー還元プログラムで還元を受けているかどうかで今後は紐づけカードを変更していく必要があります。

スポンサーリンク

今後、d払いを有効に使う為にはどうするの?

今回のキャンペーンと仕様変更を踏まえてのd払いの今後の使い方ですが、個人的にはdocomoユーザーはd払いを上手く使うことで高還元率を叩き出せると感じています。

例えば、以下の条件を満たせば還元率6.5%が達成できます。

d払いの還元率6.5%を達成するために…
dカードお支払い割の対象になる→dカードで5%還元
ギガホ/ギガライト/ケータイプランのいずれかのプランを契約
携帯料金の支払いにdカードを設定
上記2つを満たすことでdカードお支払い割の対象になる
d払いの支払いにdカードを設定し支払いに使う
d払いで0.5%還元
dカードを支払い元にして5%還元
dポイントスーパー還元プログラムで+1%還元
合計6.5%還元

還元率の内訳をみていくと、

d払いの通常還元率:0.5%
dカード:キャンペーンの関係で5%
dポイントスーパー還元プログラム:携帯料金の支払元をdカードに設定している為、+1%
合計還元率:6.5%

という計算になります。

現在、楽天ペイがキャンペーンにエントリーすることでどこのお店でも5%還元を受けられますが、この組合せを使えばd払いの還元率が上回ります。

【楽天ペイの10月からの還元率】カード登録・楽天キャッシュ・楽天ポイントごとの違いと最大25%還元を達成する方法を紹介!
2019.10.1
楽天ペイが10月以降のキャンペーンを発表しましたが、どこのお店で使っても一律5%還元とかなりアツい内容となっています。この記事では楽天ペイのキャンペーン概要から他キャンペーンとのオススメの組み合わせ方、具体的な使いどころ等を紹介していきます。...

常時還元率6.5%というのはかなり魅力的ですので、docomoユーザーの方は是非挑戦してみる価値はあるのではないかなと感じています。

まとめ~docomoユーザーにdカードは必須になりそう

今回の変更をみるとd払いなどのdocomo関連のサービスは今後自社サービスを使う方を優遇する流れにもっていくことが予想されます。

dカードの5%還元キャンペーンの期間は来年3月までと長いことと、dポイントスーパー還元プログラムの仕様変更を踏まえるとdocomoユーザーはこの機会にdカードを発行しておくのはありかなと感じています。

通常タイプのdカードであれば年会費は無料。ゴールドであっても年会費が1万円(税別)かかりますが、携帯料金の10%分のポイントが返ってくると考えると決して損をするカードではありませんので^^

スポンサーリンク
関連キーワード
d払いの関連記事
  • d払いの8月のキャンペーンではセブンイレブンは対象外なの?
  • d払いのポイント還元率は本当のところ何%なの?還元率の計算方法も合わせて解説
  • 発表。d払いのキャンペーン 11月・12月はドラッグストア・コンビニで10%還元
  • d払いにプリペイドカードは登録できるの?VプリカやLINE PAYカードなど個別ケースも解説
  • d払いが使える家電量販店はどこ?使えるお店と使えないお店を一覧で紹介
  • d払いの7月のキャンペーンはAmazonも還元対象?docomo以外もいけるのかを調査!
  • PayPay(ペイペイ)
    まちかどペイペイの対象店舗はどこ?店舗毎の還元率とキャンペーンの注意点も解説
    2019年9月7日
  • d払い
    【d払いの還元率が常時6.5%】docomoユーザーはd払いが強いと改めて感じた件
    2019年10月8日
  • コード決済
    初心者の方でも簡単に効果が体感できるキャッシュレスはこれ!【ヒント:色でいうと赤】
    2019年10月2日
  • 楽天ペイ
    【まとめ】楽天ペイのキャンペーンで「見逃し厳禁」なものだけを集めました
    2019年10月16日
  • キャッシュレスまとめ
    スマホ決済のオススメはこれ!2019年の最新情報からまとめました【最初はこの3つでOK】
    2019年9月30日
  • コード決済
    【セブンイレブン×バーコード決済】10月から使えるオススメキャンペーン3選【まとめ】
    2019年9月30日
  • キャッシュレスまとめ
    【本当にお得なのはこの3つだけです】2019年11月の最新版~キャッシュレスの還元率一覧
    2019年10月10日
  • 楽天ペイ
    【楽天ペイの10月からの還元率】カード登録・楽天キャッシュ・楽天ポイントごとの違いと最大25%還元を達成する方法を紹介!
    2019年9月18日
  • キャッシュレスまとめ
    【キャッシュレスの最新お得情報】2019年10月4週目 開始・終了のキャンペーン一覧まとめました
    2019年10月21日
  • キャッシュレスまとめ
    10月前半のお得なキャッシュレス8選まとめました【増税って怖くないかもと思える話】
    2019年9月26日