【JCB キャンペーン】QUICPay(google/apple pay)の20%還元の対象外カードは何?

JCBが8月16日から開催している20%還元キャンペーン。
このキャンペーンですが、apple payやgoogle payに対象のJCBカードを登録(別途エントリーは必要)し、QUICPayで決済すると20%還元が受けられるという非常に美味しいキャンペーンです。

しかし、実際の所、キャンペーンに参加できるJCBブランドのカードとキャンペーンに参加できないJCBブランドのカードがあり混乱されている方が大勢いらっしゃいます。

そこで今回はJCB20%還元キャンペーンの対象になるカードと対象外のカードについて紹介させて頂きます。

キャンペーンの対象になるJCBカードは?

まず、今回のキャンペーンですが、JCBブランドが付帯するすべてのカードが対象ではありません。

JCBブランドが付帯するカードの中で以下のページで紹介されている発行会社から紹介されているカードがキャンペーン対象となります。
⇒キャンペーン対象になるカードはこちら!

発行会社は多いですが、大まかには以下のように認識しておきましょう。

キャンペーン対象になるJCBカード
(株)JCB(JCB公式)が発行するカード
銀行(地方銀行が多い)が発行しているカード:ただし例外も多い為、詳細はリストをチェック

また、今回のキャンペーンはapple payもしくはgoogle payに登録しQUICPay決済することで20%還元を受けられるのですが、apple payとGoogle payでは登録できるカードの種類が異なります。

apple pay/Google payに登録できるカード
<apple pay>
クレジットカード
<google pay>
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード

Apple payはクレジットカードのみなのに対して、Google payでは一部のデビットカード、プリペイドカードもキャンペーン対象に含まれています。

※どのデビットカード、プリペイドカードが対象かは以下の公式ページをご確認ください。
⇒キャンペーン対象のプリペイドカード、デビットカードを確認するにはこちら!

具体的にキャンペーン対象になるJCBカード

ここまでキャンペーン対象になるJCBカードの概要について説明してきましたが、具体的にキャンペーン対象になる代表的なカードについて紹介していきます。

具体的にキャンペーン対象になる代表的なカード
JCB CARD W(JCB W)
ソラチカカード
リクルートカード
ANA JCBプリペイドカード

JCB CARD W(JCB W)

JCBカードの中で高還元として注目されているカードがJCB Wです。
JCB Wは通常のJCBカードに比べて基本還元率は2倍。(JCBが0.5%に対してJCB Wは1.0%)

また、入会後3か月間。30万円までの利用は通常のJCBカードのポイント10倍が付与される為、還元率が5%となります。

JCB Wのポイント
基本還元率:1.0%(通常のJCBは0.5%)
入会後3か月間、30万円までの利用は5.0%還元
ポイント優待店では更に還元率アップ
スタバ:5.5%/Amazon、セブン:2.0%/昭和シェル:1.5%等

今回のキャンペーン意外にもスタバによく行かれる方や昭和シェルで給油される方にとっては持っておいて損のないカードであり、私自身も今回のキャンペーンを受けて新規で発行、オススメカードを尋ねられた際はこのJCB Wを薦めさせて頂いています。

ソラチカカード

ソラチカカードはマイルを貯められている方にとっては必須のカードです。
代表的なルートがLINEルートと言われるルートですが、このルートは以下の方法でLINEポイントをANAマイルに変換することができます。

LINEルートについて
LINEポイントを貯める

東京メトロポイントに変換
1LINEポイント⇒0.9東京メトロポイントに変換できる

東京メトロポイントをANAマイルに変換
この時、ソラチカカードが必要になる
0.9東京メトロポイント⇒0.81ANAマイルに変換

このルートを使えば1LINEポイントが0.81ANAマイルに変換できます。

1マイルの価値はだいたい2~3円(場所やシーズンによって厳密には異なる)と言われているのでマイルに変換すると1ポイントの価値が1.62~2.43倍に増えることになります。

マイルを貯めている方にとってはこのように必須のカードなのですが、唯一の欠点が年会費がかかること(年2000円)です。
この為、マイルを貯めていない方はJCB Wを。これからマイルを貯めようとされている方はソラチカカードを発行するのがオススメです。

リクルートカード

JCB W、ソラチカカードと並んでもう1つ人気なのがリクルートカードです。
リクルートカードは基本還元率が1.2%とクレジットカードの中では最高水準の還元率を誇るカードです。

貯めたポイントはポンタポイントなどにも変更できるので、ポイントの使い道に困ることも少ないカードです。

ただし、個人的には新規発行するのであればリクルートカードよりもJCB Wやソラチカカードがオススメです。

リクルートカードがオススメできない理由
実店舗でリクルートカードを使うのであればコード決済やKyashの方がお得なため、キャンペーン終了後に使う機会が少なくなる
ポイントサイト経由で作成してももらえるポイントが少ない

まず、還元率ですが他のクレジットカードと比べると1.2%は優れているようにみえますが、高還元の代表カードKyashと比べると見劣りします。(Kyashの還元率は2.0%)。

キャンペーン中は20%還元として使えますが、キャンペーンが終了するとKyash等を使った方がお得となり使用頻度が少なくなります。

もう1つはクレジットカードを登録する際はポイントサイトを経由すると非常にお得なのですが、リクルートカードは発行した際にもらえるポイントが非常に少なくなっています

上記の点から私としてはリクルートカードよりもJCB Wやソラチカカードをオススメしています。

ANA JCBプリペイドカード

ANA JCBプリペイドカードはこれまでのカードと違い、プリカの為androidユーザー限定です。

プリカの為、チャージをして使う形式ですが、クレジットカードのようにうっかり使いすぎる心配はありません。

また、原則として審査不要。15歳以上から発行できるというのも嬉しい点です。

ANA JCBプリペイドカードの特徴
15歳以上から発行可能(原則審査不要)
本人確認書類は必要(運転免許証、住民票等)
年会費無料、2020年3月31日までは利用開始手数料500円もかからない
マイルコースだと1000円で5マイル進呈(オススメ!)
キャッシュバックコースだと200円で1円分キャッシュバック

キャッシュバックコースの還元率は余り良くない為、オススメはマイルコースです。
「キャンペーンの為だけにクレカを作るのはちょっと…」という方はANA VISAプリペイドカードを作ってキャンペーンに参戦するのもありでしょう。

スポンサーリンク

JCB 20%還元キャンペーンの対象にならないカードは?

ここまで、JCBの20%キャッシュバックキャンペーンの還元対象になるカードを紹介してきましたが、反対にキャンペーン対象にならないカードは以下のようなカードです。

20%キャッシュバックの対象にならないカード
(株)JCBが発行していないJCBブランド付帯のカード
リスト記載以外の事業者が発行しているJCBブランドのカード

※キャンペーン対象の事業者はこちら

具体的にキャンペーン対象にならない代表的なカードは以下のカードがあります。

キャンペーン対象にならない代表的なカード
ヤフーカード
三井住友カード
楽天関連のカード(デビット、楽天カード)
dカード
イオンカード
ビューカード(ビックカメラSuicaカードやルミネカードも含む)
JCB以外が発行しているプリペイドカード

ヤフーカード(Yahoo!カード)

ヤフーカードはワイジェイカード株式会社が発行しています。
ワイジェイカード株式会社は今回のキャンペーン対象の発行元会社のリストに含まれていない為、20%還元を受けることができません。

三井住友カード(SMBC JCB)

三井住友で代表的なJCBブランド付帯カードといえばSMBC JCBですがSMBC JCBは(下株)セディナが発行しているカードです。

この為、JCBブランドであっても今回のキャンペーンで還元を受けることはできません。

楽天銀行デビットカード & 楽天カード

楽天が発行している人気のカードといえば楽天銀行デビットカードと楽天カード(クレジットカード)がありますが、楽天銀行デビットカードは今回のキャンペーンのリストに含まれていません。

楽天カードに関しても楽天カード株式会社が発行しているカードの為、JCBブランドが付帯していたとしても今回のキャンペーンで利用することはできません。

dカード

dカードに関しては選べるブランドがVISAかMastercardしかない為、今回のJCBのキャンペーンへは参戦できません。

イオンカード

イオンカードは(株)イオン銀行が発行しています。
イオン銀行に関しては今回のキャンペーン対象の銀行リストに記載されていない為、イオンカードでキャンペーンに参戦はできません。

ビューカード(ビックカメラSuicaカードやルミネカードも含む)

ビューカードには様々なカードがありますが、いずれのカードも(株)ビューカードが発行していますのでキャンペーンの対象外です。

人気のビックカメラSuicaカードやルミネカードも(株)ビューカードが発行しているので、こちらでもキャンペーンに参加することはできません。

JCB以外が発行しているプリペイドカード

ANA JCBプリペイドカードのようにJCBが発行しているプリペイドカードはキャンペーン対象ですが、それ以外が発行しているプリペイドカードはキャンペーン対象外となります。

代表的なものだとLINE PAYカードがありますが、LINE PAYカードはLINE PAY株式会社が発行しています。

こういったカードではキャンペーンに参加できませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ

以上、JCBのQUICPayキャンペーンに参加できるカードと参加できないカードについて具体例をあげながら説明させて頂きました。

今回のキャンペーンは20%還元とかなりお得なので、対象カードが手元にある場合はとりあえずエントリーをしてGoogle Pay/Apple Payに登録しておくことをオススメします。

また、対象カードを持っていない方は新規で1枚発行する価値が十分にあるキャンペーンです。

先ほども紹介した様に個人的なイチオシはJCB Wです。
特にスタバによく行かれる方はキャンペーン終了後も十分に使えるカードなので、新規のカードを検討している場合はこちらをオススメします。

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 【悲報】楽天ペイがKyash非対応に…!3Dセキュア必須でポイント三重取りが難しくなる
  • 【最新版】Kyashの特徴とキャッシュレスユーザーがお得に使う方法についてまとめてみた
  • JCBの20%還元キャンペーンの為に作るオススメのクレジットカードを紹介!
  • Kyashへクレジットカードやデビットカードを登録→チャージする方法を画像付きで解説
  • 楽天カードの発行で損しない為に絶対に知っておいてほしい2つの事
  • 【JCBのお得キャンペーンを解説】ギフトカード注文で1万円→1.1万円になる話
  • コード決済
    初心者の方でも簡単に効果が体感できるキャッシュレスはこれ!【ヒント:色でいうと赤】
    2019年10月2日
  • PayPay(ペイペイ)
    【比較】楽天ペイ VS ペイペイ(PayPay) 基本還元率やキャンペーン情報を踏まえどちらがお得かを比べてみた
    2019年9月27日
  • d払い
    【d払いの還元率が常時6.5%】docomoユーザーはd払いが強いと改めて感じた件
    2019年10月8日
  • キャッシュレスまとめ
    【コード決済×チケットまとめ】15箇所のテーマパークのチケットをコード決済で買えるのか調べてみた
    2019年10月5日
  • 楽天ペイ
    【まとめ】楽天ペイのキャンペーンで「見逃し厳禁」なものだけを集めました
    2019年10月16日
  • d払い
    発表。d払いのキャンペーン 11月・12月はドラッグストア・コンビニで10%還元
    2019年10月13日
  • キャッシュレスまとめ
    【キャッシュレスの最新お得情報】2019年10月4週目 開始・終了のキャンペーン一覧まとめました
    2019年10月21日
  • キャッシュレスまとめ
    【キャッシュレスの最新お得情報】2019年10月5週~11月1週目 開始・終了のキャンペーン一覧まとめました
    2019年10月28日
  • キャッシュレスまとめ
    ペイペイ(PayPay)VSオリガミペイ(Origami Pay)VS楽天ペイ 三社を比較してみた
    2019年9月29日
  • キャッシュレスまとめ
    【一覧表】10月前半の各キャンペーンの還元率と還元上限をまとめました
    2019年10月3日