【格安SIM7社を比較】今、本当におすすめの格安SIMはこれです。

携帯料金の値下げ合戦の影響もあり、SNSで携帯料金の相談を受けることが多いのですが、今回はその中でも質問の多い格安SIMについて一度比較をしておこうと思います。

格安SIMは多くの会社がありますが、個人的には今であれば今回取り上げる5社から選ぶのがおすすめ。

各社で特徴が異なるので格安SIMを選ぶ際の参考としてご活用頂ければと思います٩( 'ω' )و

主要格安SIMの比較

まずは主要な格安SIM7社を一覧で比較してみましょう。

ahamoやpovoなどオンライン専用プランの登場で格安SIMがどうなるか騒がれていましたが、各社値下げを敢行。

容量によってはオンライン専用プランにも十分対抗できる陣容になっています。

結局どこを選べば良いの?

格安SIM会社ですが個人的には現状だと以下の基準で選ぶのがおすすめです。

おすすめの格安SIM会社5つと選ぶ基準
nuroモバイル:容量8GB以内でとにかく毎月の料金を抑えたい
nuroモバイル」の申し込みはこちら!
OCN mobile ONE:端末購入も合わせて行いたい
OCN モバイル ONE」の申し込みはこちら!
biglobe mobile:毎月大容量通信を行うが利用先が決まっている
biglobe mobile」の申し込みはこちら!
日本通信SIM/HIS mobile:容量20GBは必要+通話も必要
日本通信SIM」の申し込みはこちら!
HIS mobile」の申し込みはこちら!
IIJmio:eSIMでデュアルSIMにしたい
IIJmio」の申し込みはこちら!

各社の特徴を順番にみてみましょう。

スポンサーリンク

とにかく価格を抑えたい人はnuroモバイル

10GB以内のプランでとにかく価格を抑えたい人は現状、nuroモバイルを選ぶのがベストです。

出典:nuroモバイル

nuroモバイルは3GBで792円。5GBでも990円と1,000円以下の価格を実現。

キャンペーンで一時的にnuroモバイルより安くなる会社もありますが、通常時の料金では圧倒的な価格の安さを誇っています。

nuroモバイル」の申し込みはこちら!

3ヶ月毎にギガが追加でもらえる

また、nuroモバイルのもう1つの特徴が3ヶ月毎にギガがもらえるGigaプラスです。

出典:nuroモバイル

3GBプランではもらえませんが、5GBだと3ヶ月毎に3GB。8GBだと3ヶ月毎に6GBが進呈。

もらったギガは翌々月末まで利用できるので、実際のプラン以上に多くのギガを使うことができます。

nuroモバイル」の申し込みはこちら!

ギガがもらえるタイミング
新規またはMNPの場合は「ご利用開始月を除く3ヶ月目から3ヶ月ごと」。プラン変更の場合は「プラン変更月を除く2ヶ月目から3ヶ月毎」にもらえる。
スポンサーリンク

端末を買いたい人はOCN mobile ONE

携帯乗り換え、あるいは新規契約に加えて端末も購入したいという人にはOCN mobile ONEがおすすめです。

OCN mobile ONEは不定期でスマホセールを開催していますが、そこで契約すれば激安で端末が購入可能。

※出典:OCN mobile ONE

4月のセールではRedmi 9TやOPPO Reno Aなどが1円。iPhone SE2は64GBが31,570円という大特価で販売されていました。

参考記事:【OCN mobile ONE】スマホセールがスタート!1円端末のスペックも比較

基本料金は格安のnuroモバイルやIIJmioと比較してみても劣る面があります。

しかし、それを凌駕する程激安でスマホが購入可能。この程度の価格差であればスマホを買い替えたい人はOCN mobile ONEを選ぶことをおすすめします。

乗り換え・新規契約時の注意点
OCN mobile ONEへの乗り換えや新規契約はスマホセールのタイミングで行いましょう。
スマホセールのタイミングがくればSNSなどでお知らせさせて頂きますね。

OCN mobile ONEは電話も強い

OCN mobile ONEは電話をよく利用する人にもおすすめできます。

格安SIMは専用アプリを使って電話をする会社が多いですが、OCN mobile ONEは通常の電話アプリから電話しても30秒11円と格安。

また、通話オプションも充実しています。

※出典:OCN mobile ONE

以前までは格安SIMでかけ放題にする場合は日本通信SIMの合理的かけ放題のプランが3GBで月に2,728円で最安でした。

しかし、OCN mobile ONEのプラン変更に伴い、現在は通話し放題であればOCN mobile ONEが最安となっています。

※OCN mobile ONEは現在かけ放題の割引キャンペーンも開催しているので1年間はさらに安くなります。

「通信は少なめだが仕事などの関係で通話が多い」という人にもおすすめですね。

補足:通信速度にも定評あり
OCN mobile ONEはNTTコミュニケーションズが運営しているということもあり、通信速度も他の格安SIMより優れていると言われています。
※出典:OCN mobile ONE
こちらはOCN mobile ONEが公開しているデータですが、この他にSNSでも格安SIMの中では速度が安定しているという声を聞くことは多いです。

大容量通信×利用先が決まっているならbiglobe mobile

毎月大容量通信を行うが利用先がある程度決まっているという場合はbiglobe mobileを検討するのもありです。

biglobe mobileの通信料金は1GB1,078円、3GB1,320円、6GB1,320円と決して安くはありません。

一方で強力なのがオプションのエンタメフリーです。

※出典:biglobe mobile

You TubeやABEMA、U-NEXTなどの動画配信サービス、Apple MusicやAmazon musicなどの音楽配信サービスなど多数のエンタメサイトがギガノーカウントで利用可能。

料金も月308円に改定され非常にリーズナブルです。

biglobe mobile」の申し込みはこちら!

biglobe mobileは解約時に注意が必要

biglobe mobileの最大の注意点は解約時です。

要点を列挙すると以下のようになりますが、正直なところかなりクセがあります。

biglobe mobile解約時の注意点
契約解除料が発生する場合あり:1年以内の解約は1,100円
解約は電話のみで非常に繋がりにくい
別途ベーシックコースの解約が必要

また、これらの問題点に関してはYou Tuberのカネ部の部長Yossyさんがかなり詳しく解説されていますので、契約を検討中の方はこちらも合わせて見ることを強くおすすめします。

個人的には格安SIM初心者の方やスマホにあまり詳しくない方は使い方〜解約の流れでかなりクセがあるので、あまりおすすめはできません。

格安SIMに慣れている方や利用用途がある程度把握できている方が検討対象にする程度で良いでしょう。

biglobe mobile」の申し込みはこちら!

20GBプランなら日本通信SIM

通信容量が20GB欲しく電話もある程度する方の場合は日本通信SIMの合理的20GBプラン、あるいはHIS mobileの格安弍拾がおすすめです。

これらのプランは通信は20GB、通話も月に70分まで無料なので大容量・ある程度通話もするという方には最適です。

参考までに大手3社のオンライン専用プランと比べてみるとこのとおり。

初期手数料がかかる点や格安SIMなので時間帯によっては通信速度に不安はあるところはデメリットですが価格的には最安。

20GBプランを契約したいけど少しでも料金を抑えたいという人は検討するのもありでしょう。

日本通信SIM」の申し込みはこちら!

HIS mobile」の申し込みはこちら!

eSIMでデュアルSIMにしたい場合はIIJmio

最後にIIJmioについてみてみましょう。

IIJmioの強みは格安でeSIMが利用できることです。

※出典:IIJmio

eSIMはdocomo回線のデータ通信のみですがメインの回線だけでは容量が足りないという人がデュアルSIMにする上では非常に優秀。

また、楽天モバイルと組み合わせれば格安で大容量・通話無料も実現できます。

IIJmio」の申し込みはこちら!

楽天モバイル」の申し込みはこちら!

楽天モバイルとの組み合わせが強力

楽天モバイルの新プランRakuten UN-LIMITⅥは1GBまでは月々の料金が0円。通話に関してはRakuten Linkを使えば無料です。

※出典:楽天モバイル

一方、通信は1GBを超えると月に1,078円〜料金が発生。

このため、楽天モバイルはRakuten Linkでの通話専用として使い、通信はIIJmioのeSIMを利用します。

例えばIIJmioの2GBプランと楽天アンリミットのデュアルSIMにした場合。

データ通信をIIJmioの2GB以内に納めれば月に440円で運用が可能。仮に20GBを契約しても月1,650円で済みます。

楽天モバイルの1年無料が終了する人もそろそろ出てきますが、1年無料終了後の対策の1つとしては非常に有効でしょう。

IIJmio」の申し込みはこちら!

楽天モバイル」の申し込みはこちら!

まとめ

最後にこの記事の要点をもう一度まとめておきましょう。

おすすめの格安SIM会社5つと選ぶ基準
nuroモバイル:容量8GB以内でとにかく毎月の料金を抑えたい
nuroモバイル」の申し込みはこちら!
OCN mobile ONE:端末購入も合わせて行いたい
OCN モバイル ONE」の申し込みはこちら!
biglobe mobile:毎月大容量通信を行うが利用先が決まっている
biglobe mobile」の申し込みはこちら!
日本通信SIM/HIS mobile:容量20GBは必要+通話も必要
日本通信SIM」の申し込みはこちら!
HIS mobile」の申し込みはこちら!
IIJmio:eSIMでデュアルSIMにしたい
IIJmio」の申し込みはこちら! 

大手のオンライン専用プランの登場により格安SIMは一時期窮地に陥りましたが、人によってはまだまだ有効に活用できます。

また、今回紹介した基準はあくまで目安でスマホプランの最適解は人によって異なる面もあります。

もしスマホ乗り換え等を迷われている場合は気軽にTwitterやインスタでDM頂ければと思います^^

自分のわかる範囲であれば可能な限り返信等していますので、お気軽にお声かけくださいね٩( 'ω' )و

※その際は一言ブログを読んだ旨を記載頂けると助かります^^

スポンサーリンク
通信費節約の関連記事
  • 【固定費節約】OCN mobile ONEのスマホセールでiPhoneが1万円以上お得に買える
  • 【楽天モバイル】今契約すべきおすすめ端末4選
  • 【楽天モバイルでiPhoneの予約販売が開始】お得に申し込む流れを紹介!
  • 【期間限定】OCNモバイルONEでiPhone12が約13,000円お得に買える!
  • 【楽天モバイル×iPhone】デュアルSIMにする流れと方法
  • 【入荷待ち】楽天ハンドが申込再開!1年無料はもうすぐ終了
  • d払い
    発表。d払いのキャンペーン 11月・12月はドラッグストア・コンビニで10%還元
    2019年10月13日
  • キャッシュレスまとめ
    【本当にお得なのはこの3つだけです】2019年11月の最新版~キャッシュレスの還元率一覧
    2019年10月10日
  • キャッシュレスまとめ
    【コード決済×チケットまとめ】15箇所のテーマパークのチケットをコード決済で買えるのか調べてみた
    2019年10月5日
  • PayPay(ペイペイ)
    まちかどペイペイの対象店舗はどこ?店舗毎の還元率とキャンペーンの注意点も解説
    2019年9月7日
  • コード決済
    初心者の方でも簡単に効果が体感できるキャッシュレスはこれ!【ヒント:色でいうと赤】
    2019年10月2日
  • キャッシュレスまとめ
    ペイペイ(PayPay)VSオリガミペイ(Origami Pay)VS楽天ペイ 三社を比較してみた
    2019年9月29日
  • d払い
    【d払いの還元率が常時6.5%】docomoユーザーはd払いが強いと改めて感じた件
    2019年10月8日
  • PayPay(ペイペイ)
    ペイペイ(PayPay)のキャンペーン(10月)まとめ~各キャンペーンの概要と使いどころを紹介
    2019年9月17日
  • キャッシュレスまとめ
    10月前半のお得なキャッシュレス8選まとめました【増税って怖くないかもと思える話】
    2019年9月26日
  • コード決済
    【セブンイレブン×バーコード決済】10月から使えるオススメキャンペーン3選【まとめ】
    2019年9月30日