軽減税率とキャッシュレス・ポイント還元を攻略!増税後をお得に乗り切るカギはキャッシュレス

軽減税率とキャッシュレス決済によるポイント還元で10月以降の消費税が5種類になるというニュースが先日ありました。

正直、これをみる限り自分の買った商品がどれに適応されるのかを瞬時に判断するのはかなり難しいかと思います。(私自身もこういったブログを書いていますが、未だに頭がこんがらがることがあります。)

とはいえ、消費者としては増税後も買い物をする必要がある為、無視するわけにはいきません。

そこで今回は増税後に具体的に軽減税率とキャッシュレス・ポイント還元をどう使うのか。増税の影響をどのように切り抜けるのかについて絶対に押さえておいてほしいポイントを紹介していきます。

増税後に意識すべき2つの制度

増税後に意識すべき制度は以下の2つです。

軽減税率
キャッシュレス消費者還元事業(ポイント還元)

キャッシュレスに関しては種類やお店によって還元率が異なりますが、とりあえず「この2つの制度が合わさって具体的な割引率・還元率が決まる」と考えておけばOKです。

スポンサーリンク

軽減税率について

軽減税率は特定の品目の消費税を10%よりも低くするというルールです。
軽減税率に該当している品目は10%ではなく、8%の消費税が適用されます。

軽減税率の適用になる商品

軽減税率の適用になる商品は主に「飲食料品」「定期購読する新聞代」です。

特に注意が必要なのが飲食料品です。
飲食料品は日々の生活で必ず買わなければいけないものなので、どの商品が軽減税率が適用されるかを知っておくことは重要です。

軽減税率が適用されない飲食料品

軽減税率が適用されない飲食料品は主に以下のものです。

軽減税率が適用されない主な飲食料品
お酒(アルコール度数1%を超えるもの)
一部の栄養ドリンク(医薬部外品に該当するもの)
本みりん
外食
食玩(おまけ付きのお菓子)
高価な容器を使っている物

お酒に関してはノンアルコールのものはOK。甘酒もOKのものがあります。
栄養ドリンクは清涼飲料水に該当するものは8%ですが、医薬部外品に該当していると10%が適用されます。

ややこしいのはみりんで本みりんは10%が適用されるのに対して、みりん風調味料はアルコール度数が低い為、軽減税率の対象になり消費税8%が適用されます。

外食は10%、持ち帰りは8%

軽減税率は品目に加えて、どの形態で食べるのかによっても適用が異なります。

例えば、ハンバーガーショップに行った時、持ち帰りであれば軽減税率の適用となり消費税8%が適用されますが、店内で食べる場合は軽減税率が適用されず10%が課税されます。

少しでも節約したい場合は店内で食べるのではなく、なるべく持ち帰りを使うということが10月以降は重要となります。

軽減税率の品目について更に詳しく知りたいという方は以下の様なページが参考になるのでオススメです。
⇒軽減税率の対象項目|消費税・軽減税率情報Cafe(外部サイト)

スポンサーリンク

キャッシュレス・ポイント還元について

軽減税率ともう1つ重要なのがキャッシュレスを使った際のポイント還元制度です。

そして、10月以降しっかり節約する為にはキャッシュレスに関する情報が必須となります。というのも軽減税率は自動的に適応されますが、キャッシュレスに関してはどこのお店でどれを使うかによってお得度が全然違ってきます!

ポイント
軽減税率は自動で適用される
軽減税率の対象になるもの・対象にならないものをざっくりと押さえておけばOK
キャッシュレス・ポイント還元事業は消費者の工夫でお得度が変わる
どういったキャッシュレスがお得なのか
どういったキャンペーンが今開催されているか
キャッシュレス・ポイント還元事業の対象のお店はどこか
これらの事を把握してキャッシュレスを使い分けることでお得度を上げられる

増税後のキャッシュレスの還元率は以下の2点で決まってきます。

キャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店かどうか
キャッシュレス各社が独自のキャンペーンを展開しているか

この2点を把握しておくことがキャッシュレスの恩恵を最大限に受ける上で重要です。

まずはキャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗かどうかを調べよう

キャッシュレスを使う上でまず行うべきことはキャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗かどうかを調べることです。

キャッシュレス・ポイント還元事業はすべての店舗ではなく、以下のポスターやキットが表示されているお店が対象です。

このポスターやキットが表示されているお店で店舗が指定したキャッシュレスの方法で支払うと2%もしくは5%の還元が受けられます。

2%・5%の違いは?

一般的には

2%のお店:フランチャイズ
5%のお店:中小店舗

と言われています。

ただし、お店自体がキャッシュレス消費者還元事業の申請を出していないと中小のお店でも5%還元が受けられないケースも多いです。

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象かどうかは必ず先ほど紹介したキットやポスターが店頭にあるかをみてチェックするようにしましょう。

対象のお店を調べる3つの方法

キャッシュレス消費者還元事業の対象店舗かどうかを調べる方法は主に以下の3つです。

キャッシュレス消費者還元事業の対象店舗を調べる方法

上記のいずれかで確認できます。ただし、キャッシュレス消費者還元事業のHPのマップとアプリに関しては記事執筆時点では対象店が反映されていないというトラブルの報告もありました。

これが10/1までにどこまで改善するかには注目しておく必要があります。

キャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店の場合、キャッシュレスで支払おう

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗が分かれば、そのお店で実際にキャッシュレスを使って支払いましょう。

こうすることで2%、もしくは5%の還元を追加で受けることができます。
例えば、キャッシュレス・ポイント還元事業で5%還元が受けられるお店で還元率1%のクレジットカードで支払った場合は以下の値が還元されます。

実際の還元率
クレジットカード:1%分のポイント
キャッシュレス・ポイント還元事業:5%追加で還元
合計:6%還元

現金決済だとこの6%の還元は受けられませんが、支払いをキャッシュレスに変えるだけでこれだけのメリットがあります。

更にお得に買い物する為にはキャッシュレスのキャンペーンに便乗しよう!

更にお得に買い物する為にはキャッシュレス各社が展開するキャンペーンに便乗するのがベストです。

例えば、今有名なキャンペーンだと三井住友カードを新規発行し、Vpassアプリにログインすると20%還元が受けられるというものがあります。

三井住友のキャンペーンがいかに優秀かを語ってみようと思う~発行がオススメな2つの理由
2019.9.16
三井住友が先日、大規模な還元キャンペーンを発表しました。 またまた大型� 三井住友が20%還元キャンペーン�https://t.co/u9DwvYrRC7 ✅利用金額の20%還元(上限1...

キャッシュレス・ポイント還元事業で5%還元が受けられるお店でこのキャンペーンを使うと、

キャッシュレス・ポイント還元事業:5%
三井住友カードのキャンペーン:20%
合計:25%還元

とかなりお得に買い物することができます。

制度が増えて非常にややこしくなってきていますが、こういったキャンペーンを1つでも使うと日々の買い物がかなりお得になります。

どのキャンペーンに参加すればいいの?

これまでキャッシュレスは余り使わなかったので、どのキャンペーンに参加すればわからないという方であれば、以下のどちらかがオススメです。

三井住友カード新規発行で20%還元
対象のJCBカードをGoogle Pay/Apple Payに登録し20%還元

どちらも大手のキャンペーンで、還元率も20%と非常にお得です。
各キャンペーンの詳細は以下の記事で紹介していますので、興味のあるキャンペーンがあれば是非詳細をご確認ください。

Memo:三井住友カード/JCBのキャンペーン詳細
<三井住友カード>
三井住友のキャンペーンがいかに優秀かを語ってみようと思う~発行がオススメな2つの理由
2019.9.16
三井住友が先日、大規模な還元キャンペーンを発表しました。 またまた大型� 三井住友が20%還元キャンペーン�https://t.co/u9DwvYrRC7 ✅利用金額の20%還元(上限1...
<JCB>
JCBで20%還元の神キャンペーン!Google Pay、Apple Payに登録してQUICPay決済⇒最大1万円ゲット!
2019.9.25
JCBのQUICPay決済でをすると20%還元!クレジットカード会社の大手、JCBが8月16日からこんな大規模キャンペーンを開始しました。この記事ではキャンペーンの概要から参加する上での注意点、オススメの活用法について他のキャンペーンと比べながら紹介していきます。...
JCBの20%還元キャンペーンの為に作るオススメのクレジットカードを紹介!
2019.9.25
今回は「JCBの20%還元キャンペーンに向けてクレジットカードを作りたい!」という方向けにオススメのクレジットカードを紹介していきます。 クレジットカードの発行を新規で考えられている方はご参考にどうぞ...
【JCB キャンペーン】QUICPay(google/apple pay)の20%還元の対象外カードは何?
2019.9.25
JCBが8月16日から開催している20%還元キャンペーン。 このキャンペーンですが、apple payやgoogle payに対象のJCBカードを登録(別途エントリーは必要)し、QUICPayで決済す...

まとめ

以上、増税後の買い物をお得に乗り切る為の制度(軽減税率、キャッシュレス・ポイント還元事業)とオススメのキャッシュレスについて紹介しました。

今回の増税は2つの制度が導入されるので非常にややこしいですが、消費者としてお得に買い物するためには「お得なキャッシュレスを見つけてそれを使う」。これだけに限ると思います。

軽減税率は自動で適用されますが、キャッシュレスは調べていくとかなりお得なものも今多くなっています。是非この機会にお得なキャッシュレスのキャンペーンを見つけてそこに便乗することをおススメします。

スポンサーリンク
増税関連の関連記事
  • 軽減税率とキャッシュレス・ポイント還元を攻略!増税後をお得に乗り切るカギはキャッシュレス
  • キャッシュレスまとめ
    【本当にお得なのはこの3つだけです】2019年11月の最新版~キャッシュレスの還元率一覧
    2019年10月10日
  • キャッシュレスまとめ
    【コード決済×チケットまとめ】15箇所のテーマパークのチケットをコード決済で買えるのか調べてみた
    2019年10月5日
  • キャッシュレスまとめ
    スマホ決済のオススメはこれ!2019年の最新情報からまとめました【最初はこの3つでOK】
    2019年9月30日
  • コード決済
    【セブンイレブン×バーコード決済】10月から使えるオススメキャンペーン3選【まとめ】
    2019年9月30日
  • コード決済
    初心者の方でも簡単に効果が体感できるキャッシュレスはこれ!【ヒント:色でいうと赤】
    2019年10月2日
  • PayPay(ペイペイ)
    まちかどペイペイの対象店舗はどこ?店舗毎の還元率とキャンペーンの注意点も解説
    2019年9月7日
  • d払い
    【d払いの還元率が常時6.5%】docomoユーザーはd払いが強いと改めて感じた件
    2019年10月8日
  • キャッシュレスまとめ
    10月前半のお得なキャッシュレス8選まとめました【増税って怖くないかもと思える話】
    2019年9月26日
  • キャッシュレスまとめ
    【一覧表】10月前半の各キャンペーンの還元率と還元上限をまとめました
    2019年10月3日
  • PayPay(ペイペイ)
    ペイペイ(PayPay)のキャンペーン(10月)まとめ~各キャンペーンの概要と使いどころを紹介
    2019年9月17日