LINE PAY(ラインペイ)とPayPayを比較!還元率や使えるお店からどちらが便利かを調査

コード決済の最大手と言えばPayPayですが、LINE PAYも300億円キャンペーンなどでシェアの拡大を目指してきておりコード決済戦線はますます激化しています。

そこで今回はLINE PAYとPayPayは実際の所どちらがお得なのか。また、どちらが使い勝手が良いのか。実際に使ってみた印象を交えながら紹介していきます。

LINE PAYとPayPayの還元率を比較

まず、LINE PAYとPayPayの基本の還元率を比較していきます。

 

LINE PAYの還元率

LINE PAYにはマイカラーという制度があり前月の利用額によりマイカラーが決まります。そして、LINE PAYの基本還元率はこのマイカラーとコード決済により決まります。

マイカラーコード決済

(2019/07まで)

LINE PAYカード

QUICPay

ホワイト3.5%0.5%
レッド3.8%0.8%
ブルー4.0%1.0%
グリーン5.0%2.0%

LINE PAYカードやQUICPayであれば還元率は0.5~2.0%ですが、コード決済にすると∔3%なので3.5%~5.0%と高い還元率を誇ります。

 

PayPayの還元率

一方でPayPayの還元率は以下のようになっています。

支払い元還元率
PayPay残高3.0%
Yahoo!マネー
Yahoo!Japanカード4.0%

(PayPay3%+Yahoo!Japanカード1%)

その他のクレジットカード0.5%

PayPayの場合、支払い元をどこに設定するかで還元率が変わります。

Yahoo!Japanカード(以降、省略してYahoo!カードと記載)やその他のクレジットカードを支払い元に設定した場合、PayPayの利用金額が後日クレジットカードの請求に加算される形式になります。

 

オススメはYahoo!カードを支払い元に設定

PayPayの場合、支払い元をYahoo!カードに設定しておくことがオススメです。
その理由はポイントの二重取りができ、実質還元率が4%にアップするためです。

Yahoo!カードを支払い元にすることでポイントを二重取りする流れ
PayPayの支払い元にYahoo!カードを設定
PayPayで買い物 (3%還元)
後日、Yahoo!カードへ請求がきて利用金額を支払い
(Yahoo!カード利用分として1%還元)

また、Yahoo!カードはPayPayへのチャージにも使うことができます。
他のクレジットカードはPayPayの残高チャージには使えないため、PayPayユーザーは是非Yahoo!カードを発行しておくことをオススメします。

 

LINE PAYとPayPay 基本還元率はどちらがお得?

LINE PAYとPayPayの基本還元率ですが、どちらがお得かはLINE PAYのマイカラーにより異なってきます。

PayPayの還元率を4%とした場合、以下のように使い分けることがオススメです。

マイカラーお得な決済方法
ホワイト/レッドPayPayの方がお得
ブルーPayPay/LINE PAYどちらでもOK
グリーンLINE PAYの方がお得

 

ただし、Yahoo!カードを持っていない場合はPayPayの還元率は一律3.0%になります。

後述するペイペイチャンスがある為、必ずしもLINE PAYの方がお得とは言えませんがYahoo!カードを持っていない場合は基本的にお得度は「LINE PAY>PayPay」となります。

Memo:PayPayチャンスについて
PayPayは2019年6月よりPayPayチャンスと言い、20回に1回1000円(買い物金額が1000円未満の場合は全額)が還元されるキャンペーンを行っています。
基本還元率はマイカラーによってLINE PAYの方がお得になりますが、PayPayチャンスが上手く当たればPayPayの方がお得に買い物ができることがあります。
スポンサーリンク

LINE PAYとPayPayで使えるお店を比較

次に使えるお店についてです。
LINE PAYのコード決済とPayPayを比べると対応店舗数は「PayPay>LINE PAY(コード決済)」となります。

ただし、LINE PAYにはLINE PAYカードとしてJCB加盟店で使ったり、android限定ですがQUICPayと紐づけてQUICPayの加盟店で支払いに使うこともできます。

LINE PAYカードやQUICPayで支払うとコード決済に比べて還元率は下がりますが、LINE PAYの残高が使えるお店というのは非常に多い状況です。

 

LINE PAYしか使えないお店/PayPayしか使えないお店

お店によってはLINE PAYかPayPayのどちらかにしか対応していないという所もあります。例えばLINE PAYが使えてPayPayが使えない代表的なお店としては以下の所があります。

LINE PAYのコード決済OK/PayPay NGの代表的なお店
スタバ(一部店舗のみLINE PAYのコード決済OK)
IKEA
スシロー

一方、LINE PAYは使えないがPayPayは使えるというお店もあります。

PayPayはOKだがLINE PAYのコード決済NGの代表的なお店
ゴダイドラッグ
牛角
フレッシュネスバーガー
かっぱ寿司
ブックファースト
イオン など

コード決済の導入店舗はPayPayが最も多い為、どちらかというとPayPayは使えるがLINE PAYは使えないというお店をみることが多くなっています。

 

大手チェーンでは大きな差は感じない

コード決済が使えるお店は「PayPay>LINE PAY」ですが、個人的にはコンビニや家電量販店、ドラッグストアで使っている分にはそれほど大きな差は感じません。

これらのジャンルの店舗は基本的にどちらのコード決済にも対応していることが多い為、コンビニやドラッグストアで普段使いとして使う分にはLINE PAYであっても余り不便さは感じないでしょう。

 

個人のお店や小規模チェーンではPayPayが強い

ただし、個人のお店や小規模チェーン店においてはPayPayの方が対応しているお店が多いという印象を強く受けます。

個人商店などでは実際に会計を行おうとしても「PayPayには対応しているがLINE PAYは対応していない」というお店も多く見受けられます。

この為、近くにある普段行くお店がPayPayしか使えないという場合はLINE PAYではなくPayPayをメインのコード決済にする方が便利といえます。

 

スポンサーリンク

コード決済初心者にはどちらがオススメ?

ここまで、還元率と対応店舗数についてみてきましたが、両者を比較すると

  • 還元率:マイカラーによってどちらがお得か異なる
  • 対応店舗数:PayPayの方が多いがチェーン店ではLINE PAYでも不便さを感じない

という結果でした。

還元率と対応店舗数をみるとややPayPayに軍配があるようにみえますが、個人的にはコード決済初心者の方にはLINE PAYをオススメしています。

 

LINE PAYがオススメの理由

LINE PAYを初心者にオススメする最大の理由は出金ができる為です。
PayPayは入金したお金を出金することができない為、間違えて入金してしまうとPayPayが使えるお店で使いきらなくてはいけません。

それに対してLINE PAYであれば出金手数料が216円かかりますが仮に間違って入金した際や「コード決済を使ってみたがやっぱり自分には合わない」と思った時に現金に戻すことができます。

TwitterなどをみているとPayPayに間違えて入金してしまい出金できなかったという話も比較的よく聞きます。

この為、私としては初めてコード決済を導入するのであれば万が一の時にリスク管理ができるLINE PAYをオススメしています。

 

慣れてくれば併用するのがベスト

ただし、お得に買い物をしたいのであれば以下の理由からPayPayとLINE PAYを併用するのがベストです。

PayPayとLINE PAYを併用する理由
キャンペーン時期やキャンペーン内容によって使い分けることで大幅な還元が受けられる
コード決済で支払いができるお店が増える
(IKEAであればLINE PAY、フレッシュネスバーガーに行けばPayPayなど使い分けができる)

最初の内はコード決済になれる為にLINE PAY一本から始めるのがオススメですが、慣れればPayPayを併用し使えるお店の拡大、キャンペーンを使い分けることでコード決済の恩恵が最大限に受けられます。

コード決済はキャンペーンも頻繁に行っている為、今行っている最新のキャンペーンに関しては以下のページでチェックしてください。
⇒【最新版】コード決済各社が開催中・開催予定のキャンペーン一覧はこちら!

Memo:コード決済各社の還元率について
キャンペーン内容などによってコード決済各社の還元率は日々変わります。よりお得に買い物がしたいという方は以下のページで主要コード決済の現在の還元率と最もお得に買い物ができるコード決済がチェックできます。

まとめ

PayPayとLINE PAYを比較すると以下のように言えます。

PayPayとLINE PAYの比較まとめ
対応店舗数はPayPay>LINE PAY
LINE PAYのマイカラーによってどちらがお得かは異なる
初心者には出金できるLINE PAYがオススメ
慣れてくれば両社を使い分けることでお得に買い物ができる

繰り返しになりますが個人的にはまずLINE PAYからスタート。
「コード決済は自分に合うしお得だ」と思えれば次はPayPayと展開していくのがオススメです。

PayPayは現状出金ができない為、万が一コード決済が自分に合わなかったときはチャージした金額が無駄になりやすいのでご注意ください…。

ただし、近隣のお店でコード決済を使ってみたいがPayPayしか対応していないという場合はPayPayから始めるのもありです。

その場合はまずは少額チャージからスタート。あるいはYahoo!カードやYahoo!マネーを使って始めてみるとリスクを最小限に抑えることができます。

スポンサーリンク
  • LINE PAY(ラインペイ)/LINE PAYカードはニトリで使えるのか?ニトリメンバーズカードと併用できるかも合わせて調査!
  • LINE PAY(ラインペイ)にクレジットカード登録して使った場合、ポイント付与されるかを調査!
  • LINE PAY(ラインペイ)のQRコード決済/LINE PAYカードが使えるチェーン系牛丼屋は?吉野家・松屋・すき家・なか卯を徹底比較!
  • LINE PAY(ラインペイ)は魚べいで使えるの?LINE PAYカード/QUICPay経由の支払いも行えるか調べてみた
  • セブンイレブンではLINE PAYカードかnanacoかどちらがお得かを比較してみた
  • LINE PAY(ラインペイ)の本人確認には銀行口座登録が必須!本人確認完了の為の方法やかかる時間、登録可能な銀行について解説!
  • コード決済
    初心者の方でも簡単に効果が体感できるキャッシュレスはこれ!【ヒント:色でいうと赤】
    2019年10月2日
  • 楽天ペイ
    【まとめ】楽天ペイのキャンペーンで「見逃し厳禁」なものだけを集めました
    2019年10月16日
  • キャッシュレスまとめ
    【本当にお得なのはこの3つだけです】2019年11月の最新版~キャッシュレスの還元率一覧
    2019年10月10日
  • コード決済
    【セブンイレブン×バーコード決済】10月から使えるオススメキャンペーン3選【まとめ】
    2019年9月30日
  • d払い
    発表。d払いのキャンペーン 11月・12月はドラッグストア・コンビニで10%還元
    2019年10月13日
  • 楽天ペイ
    【楽天ペイの10月からの還元率】カード登録・楽天キャッシュ・楽天ポイントごとの違いと最大25%還元を達成する方法を紹介!
    2019年9月18日
  • キャッシュレスまとめ
    【キャッシュレスの最新お得情報】2019年10月4週目 開始・終了のキャンペーン一覧まとめました
    2019年10月21日
  • PayPay(ペイペイ)
    【比較】楽天ペイ VS ペイペイ(PayPay) 基本還元率やキャンペーン情報を踏まえどちらがお得かを比べてみた
    2019年9月27日
  • キャッシュレスまとめ
    ペイペイ(PayPay)VSオリガミペイ(Origami Pay)VS楽天ペイ 三社を比較してみた
    2019年9月29日
  • キャッシュレスまとめ
    スマホ決済のオススメはこれ!2019年の最新情報からまとめました【最初はこの3つでOK】
    2019年9月30日