消費税が5%→8%に増税された時も駆け込み需要として多くの商品を買い溜めされる方がいらっしゃいました。

10月からいよいよ8%→10%に増税される為、各所で「増税前に買うべきもの」が話題になっています。その中でも色々な意見があるものの1つが「日用品」です。

個人的には日用品を増税前に買い溜めする必要は全くないと感じているのですが、今回はその理由と増税後の対策についても紹介していきます。

増税前に日用品を買い溜めしない方が良い理由

増税前に日用品を買い溜めしない方が良い理由は日用品はお店によってよくセールの対象になる為です。

この点に関しては多くの大手サイトでも取り上げており、私自身も完全に同意です。

Q:トイレットペーパーなど日用品は?
基本的に慌てて買わなくてよい。
「大手チェーンのドラッグストアやスーパーはポイント還元の対象になりませんが、増税後の落ち込みを避けるため各社とも割引券を付けるなど“還元セール”をする可能性が高い。低価格の日用品は増税額もわずかで、慌てて買い込む必要はありません」
(森田氏)

日用品や身のまわりの消耗品に関しては、増税前にまとめ買いしても大きな節約効果はないと思います。
それよりも、食料品や日用品の値上げに注意をしたほうがいいでしょう。増税後に値上げをすると「便乗値上げ」と言われかねませんから、先手を打って値上げをしてくると思います。
さらに今回の増税では、10月以降に中小の小売店に行って電子決済で支払えば、代金の5%がポイント還元されます。トイレットペーパーなどはそうやって買うほうが、増税前よりも安くなるかもしれません。

無駄に買い込んでしまってもスペースも取りますし、実際は無駄遣いになっているケースもあります。

どうしても買い溜めしたい場合は1か月分程度に留めておきましょう。

スポンサーリンク

増税後に日用品をお得に購入する4つの方法

では、日用品は増税後に2%負担増もやむ無しで買わないといけないかというと実際はそんなことありません。

というのも実際は増税後の方がお得になるケースすらあるのです。

日用品はセールの対象となりやすい→セールを狙う

まず、日用品自体がセールの対象になりやすい為です。
特に消費増税後は財布のひもが固くなりやすく皆さん購入に慎重になります。

しかし、販売店としてはある程度の売上が必要となるので、財布のひもを緩めてもらうように値下げを行います。

日用品の値下げが起こる流れ
消費増税

消費が冷え込みものが売れにくくなる

販売店としては売りたい

値下げや値引きクーポンの配布などを行う

実質増税前よりも安く買えるケースが出てくる

日用品の場合は値引きの対象となりやすい為、特にこの流れが起こりやすいと予想されています。

キャッシュレス×ECサイトでお得に購入できる

2つ目はキャッシュレスを使う方法です。

日用品は軽減税率の対象外の為、消費税はどうしても10%かかってきますが、「キャッシュレス消費者還元事業」の制度を上手く使う事で2%もしくは5%の還元が受けられます。

地域によってはこの還元が受けられる良いお店がない場合もありますが、Amazon、ヤフオク、楽天などのECサイトに出店しているお店の中にはこの2%もしくは5%の還元が受けられる所があります。

ECサイトであれば日本中どこに住んでいても「キャッシュレス消費者還元事業」の制度を上手く使って2%もしくは5%お得に日用品を購入できます。

大手ドラッグストアはクーポン×キャッシュレスで安くする

キャッシュレス消費者還元事業はフランチャイズ店と中小企業のみが対象の為、残念ながら大手ドラッグストアではこの制度を使ってお得に買い物することができません。

しかし、大手ドラッグストアは独自でクーポンなどを頻繁に配布している為、クーポンとキャッシュレス各社が行っているキャンペーンを使えば増税後であってもお得に買い物ができます。

お得度の高い代表的なクーポンとしては以下のものがあります。

ドラッグストアの代表的なお得クーポン
マツモトキヨシ:公式アプリで毎日ルーレットに挑戦できる。5~20%オフクーポンが当たる
ウエルシア:ガッチャモールでTポイントクーポンを配布
スギ薬局:公式アプリで毎月第2・第4火曜にクーポン配布(1品15%オフクーポンが多い)、店頭でも積極的にクーポンを配布している

これらのドラッグストアによく行かれる方でアプリをまだお持ちでない方はこの機会に導入しておきましょう。

業務スーパーなどの安いお店も狙い目

4つ目の方法は安いお店を活用することです。

代表的なお店は業務スーパーです。
業務スーパーはお店によってはキャッシュレスに対応しており、キャッシュレス消費者還元事業の対象店でもあります。

元々が安いお店なのですが、キャッシュレスで支払えば更に2%還元。
食品が安く買える他にラップやお弁当カップなどの食品に関係する日用品も買えるので、こういったお店も積極的に活用していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、増税前に日用品を買い溜めする必要がない理由と増税後も日用品を安く買う方法についてでした。

増税に伴う日用品の値上がりは家計全体で考えればそれ程大きな負担増ではないですが、キャッシュレスやクーポン、各店舗の値引きを上手く使えば増税前より安く買うことすら可能です。

9月が買い溜めでお得になるセールなども各店積極的に行っていますが、余りセールに踊らされすぎずに必要なもの+αを買う程度に留めておき、増税後に必要分をお得な方法で買う事で対応していきましょう。

スポンサーリンク
  • 【増税前に買うべきもの】オムツは買い溜めするな!増税後でも格安で買う方法を3つ紹介
  • dポイントの期間限定・用途限定ポイントとは?通常ポイントとの違いや使える店まとめ
  • LINEデリマ・dデリバリー・出前館の半額キャンペーンはどれを使うべき?お得度を比較
  • ウエル活は九州で行えないの?対象店舗が近くに無い場合は通販で対応できるの?
  • イオンカードのキャンペーン(2019年7月~20%還元祭)はイオンJMBカードも対象なの?
  • ウエル活(ウェル活)に潜む5つの落とし穴!各デメリットや失敗談について調査
  • キャッシュレスまとめ
    【一覧表】10月前半の各キャンペーンの還元率と還元上限をまとめました
    2019年10月3日
  • キャッシュレスまとめ
    【キャッシュレスの最新お得情報】2019年10月4週目 開始・終了のキャンペーン一覧まとめました
    2019年10月21日
  • コード決済
    初心者の方でも簡単に効果が体感できるキャッシュレスはこれ!【ヒント:色でいうと赤】
    2019年10月2日
  • キャッシュレスまとめ
    スマホ決済のオススメはこれ!2019年の最新情報からまとめました【最初はこの3つでOK】
    2019年9月30日
  • PayPay(ペイペイ)
    まちかどペイペイの対象店舗はどこ?店舗毎の還元率とキャンペーンの注意点も解説
    2019年9月7日
  • キャッシュレスまとめ
    ペイペイ(PayPay)VSオリガミペイ(Origami Pay)VS楽天ペイ 三社を比較してみた
    2019年9月29日
  • d払い
    【d払いの還元率が常時6.5%】docomoユーザーはd払いが強いと改めて感じた件
    2019年10月8日
  • コード決済
    【セブンイレブン×バーコード決済】10月から使えるオススメキャンペーン3選【まとめ】
    2019年9月30日
  • d払い
    発表。d払いのキャンペーン 11月・12月はドラッグストア・コンビニで10%還元
    2019年10月13日
  • 楽天ペイ
    【楽天ペイの10月からの還元率】カード登録・楽天キャッシュ・楽天ポイントごとの違いと最大25%還元を達成する方法を紹介!
    2019年9月18日