未分類

2019年★最新★LINE PAYカードはコンビニでは買えない!LINEプリペイドカードとLINE PAYカードの違いについて紹介

この記事について
◆この記事を読んでほしい人◆
コンビニでLINE PAYカードが買えるかを知りたい人
コンビニで販売されているLINEのカードが本当にLINE PAYカードなのか知りたい人
◆この記事の内容◆
2019年時点でLINE PAYカードを入手する方法(コンビニでも購入できるか)
コンビニで販売されているLINEカードの正体
LINE Money/LINE Cash/LINEクレジットの違いについて

ネットで調べていると2018年1月15日の時点でLINE PAYカードのコンビニでの販売は終了したという情報が目に入ります。

しかし、実際にコンビニに行くとLINE PAYカードのようなものが販売されている場面をみられる方も多いのではないでしょうか?

実は現在、コンビニで販売されているカードはLINE PAYカードとは全くの別物です。

今回は2019年最新のLINE PAYカードの入手方法、コンビニで販売されているLINEのカードの正体についてまとめていきます。

2019年時点でのLINE PAYカードの入手方法

まず、2019年3月時点ではLINE PAYカードはウェブからの入手のみとなっております。以下、LINE公式ブログよりのキャプチャです。

※http://official-blog.line.me/ja/archives/66726755.htmlより

以前はコンビニでも販売されていましたが、現在はコンビニでは購入できません。LINE PAYカードが欲しい場合はLINE PAYの画面より申し込みを行い、自宅へ郵送してもらう必要があります。

Memo:LINE PAYカードの発行方法
LINE PAYカードの発行方法はこちらの記事で紹介しています。
オンラインのショッピング(Amazonなど)のみでLINE PAYカードを使いたいという場合は即発行できるバーチャルカードがオススメです。

コンビニで販売されているカードはLINE PAYカードではない!

しかし、2019年時点でもコンビニではLINEのデザインが書かれているカードが販売されています。

このカードをLINE PAYカードと勘違いされ購入される方もいらっしゃいますが、これはLINE PAYカードではありません!

 

コンビニで販売されているカードはLINEプリペイドカード

コンビニで現在販売されているカードはLINEプリペイドカードといい、LINEストアのみで使えるカードです。

このカードを使ってLINE PAYカードのようにJCB加盟店で買い物をしたり、LINE PAYにチャージすることはできないため、間違えて購入しないように注意してください。

 

LINE Cash/LINE Money/LINEクレジットの違いについて

少しややこしい話なのですが、LINEのサービスでは似たような単語があります。

LINEプリペイドカードでチャージできるのはLINEクレジットなのに対して、LINE PAYカードやLINE PAY(QRコード決済)で使うのはLINE CashかLINE Moneyです。

LINE Cash/LINE Money/LINEクレジットについて
LINE Cash:LINE PAYで使えるが送金など一部の機能が制限されている。本人確認をするとLINE Moneyに変わる。
LINE Money:LINE PAYで使える。LINE Cashと異なり、送金や払い戻しも可能。
LINEクレジット:LINEストアのみで使える仮想通貨。LINEプリペイドカードでチャージできる。
※補足:LINE CashとLINE Moneyは使える機能に3つの違いがあります。3つの違いについてはこちらの記事で紹介しています。

LINEクレジットはあくまでLINEストアのみで使える仮想通貨です。
LINE CashやLINE Moneyなど似たような単語が多く、混同しやすいので注意が必要です。

まとめ

2019年現在、コンビニでLINE PAYカードは購入できません。

LINE PAYカードはLINE PAYの画面から申し込むことで発行してもらえますので、間違えてコンビニのLINEプリペイドカードを購入しないように注意してくださいね(^^;

ABOUT ME
ペイさん
コード決済を中心にキャッシュレスの最新キャンペーン情報やお得情報。各種クーポンとの併用方法などをTwitterとブログで発信しています。 決済方法を工夫するだけで生活費を20%削減することを目標に日々お得情報を収集・実践しています。