未分類

マクドナルドで使えるキャッシュレス一覧とお得な物をランキング形式でまとめてみた

ども。お得情報ブロガーのペイさん(@pay_cashless)です。

最近、仕事前にマックに行き、コーヒーを飲みながらブログの構想を考えたり、記事を書くのが日課になっています。

先日もこんな感じでちゃっかり利用させて頂きました。
(マクドナルドさん0円で滞在して御免なさい(;´∀`))

マックと言えば様々な決済方法が用意されているのでありがたいのですが、実はコード決済関係はまだ一切未導入

私は基本的に財布を出すのが面倒なので少額決済はコード決済やapple payで済ませているのですが、マックを利用する時に「どのキャッシュレスを使えば良いの?」といつも一瞬悩みます(^^;

そこで今回はマクドナルドで使えるキャッシュレスの一覧とお得なキャッシュレスをランキング形式で解説していきます。

マクドナルドで使えるキャッシュレス一覧を紹介

まずはマクドナルドで使えるキャッシュレス一覧について。
マクドナルドで使えるキャッシュレスは公式ページに掲載されている以下の画像をみることで一目で理解できます(*‘∀‘)


※http://www.mcdonalds.co.jp/shop/payment/より

こちらの画像にあるようにマクドナルドでは様々なキャッシュレスに対応しています。詳細に関してより詳しく知りたいという方は公式HPに更に詳しい内容も掲載されています。

コード決済は全般的に使えませんが、主要電子マネー・クレカにはほぼ全て対応している為、「持っているキャッシュレスで使えるものが1つもない」という事はほどんど無いかと思います。

余談ですが、私がかつて各店舗の対応キャッシュレスを調べていた際にマクドナルドのHPのキャッシュレス一覧が分かりやすくて感動した記憶があります。マクドナルドのHPはどのキャッシュレスが使えるかが本当に分かりやすく掲載されているのでユーザーとしてはここはめちゃくちゃありがたいです(*‘∀‘)

マクドナルドでお得なキャッシュレス

次にマクドナルドでお得なキャッシュレスについてみていきます。マクドナルドでは様々なキャッシュレスが使えますが、私は還元率を考慮して以下の優先順位で使うことをオススメします(‘ω’)ノ

マクドナルドで使うべきキャッシュレスの優先順位
1位:QUICPay
2位:三井住友カード
3位:Kyash、nanaco、楽天Edy

この3つについて少し補足していきます。

QUICPayのキャンペーンに参加されている方はQUICPay一択

まず、最もお得なのは文句なくQUICPayです。
QUICPayは現在、対象のJCBカードをGoogle PayかApple Payに登録して支払うと20%還元が受けられるというキャンペーンを開催しています。

[getpost id=”1671″]

このキャンペーンに参加されている方は文句なくQUICPayで決済しましょう。
ちなみに私もJCB Wを発行して今回のキャンペーンに参加している為、今はApple PayにJCB Wを登録して支払いに使っています(*‘∀‘)

QUICPayのキャンペーン終了後は三井住友カードがお得

QUICPayのキャンペーン金額を使い切ってしまった方やキャンペーンに参加していない方は三井住友カードがオススメです。

三井住友カードもQUICPay同様、現在20%還元キャンペーンを開催していますが、実はそれとは別にマックでポイント5倍キャンペーンを常時開催しています。


※https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo9001629.jspより

三井住友カードは1000円の買い物毎にワールドプレゼントポイントが1Pもらえますが、マクドナルドでは250円の利用ごとに追加で1P進呈されます。

※ワールドプレゼントポイントは1P=10円相当です。

例えば、月にマクドナルドで2000円買い物をした場合は、

通常ポイント:2P
追加ポイント:8P
合計10P(100円相当なので還元率5%

月に1500円買い物をした場合は

通常ポイント:1P
追加ポイント:6P
合計:7P(70円相当なので還元率は約4.7%

が還元されます。

ちなみに通常ポイントは1か月あたりに使った金額の総額(マクドナルド以外の店舗で使った金額も含める)から算出。追加ポイントに関してはマクドナルドで使った金額のみから算出されます。

対象の三井住友カード一覧

対象の三井住友カードの一覧は以下です。


※https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo9001629.jspより

個人的にマックは行列になる事が多いのでクレカよりも電子マネーで支払う方がスムーズで好きです。三井住友カードもiDに対応している為、iD設定をして支払うかGoogle PayやApple Payに登録して支払うのがオススメです(*‘∀‘)

三井住友カードが無い場合はKyashや電子マネーがお得

QUICPayのキャンペーンに参加しておらず、三井住友カードもないという方はKyashのリアルカードや電子マネー(楽天Edy、もしくはnanaco)を使う方法がお得です。

まず、Kyashの場合はリアルカードに還元率1%のクレカを紐づけることで合計2%の還元がもらえます。

一方、楽天Edyやnanacoの場合はリクルートカードを使ってチャージすることでポイントが二重取りできます。リクルートカードを使ってチャージすることで

リクルートカード:1.2%
nanaco、楽天Edyの支払い:0.5%
合計:1.7%

の還元を受けることができます。

還元率では「Kyash>電子マネー(楽天Edy/nanaco)」ですが、手軽さを考えると個人的には電子マネーの方が好きです。

ちなみにリクルートカードはもちろんKyashにも登録できるので、最大還元を狙いたい方はリクルートカードをKyashに登録して使いましょう(*‘∀‘)

dポイント・楽天ポイントカードの提示で1%加算させる!

マクドナルドでもう1つ忘れてはいけないのがポイントカードです。マクドナルドではdポイントカードか楽天ポイントカードのどちらかでポイントを貯める事ができます。

いずれも100円で1Pが付与されるのでお好きな方のクレジットカードを提示してこちらも忘れずに貰うようにしましょう☆

まとめ

最後にこの記事の内容についてもう一度まとめます。

この記事のまとめ
マクドナルドではコード決済は使えないがクレカや電子マネーが使える
最もお得なのはQUICPay×JCBのキャンペーン
三井住友カードは常時ポイント5倍
三井住友カードやQUICPayが使えない場合はKyah、楽天Edy、nanacoがオススメ
その際にリクルートカードがあると更にお得

あと、マクドナルドの場合は他のお店に比べてもクーポンがかなり豊富です。公式アプリやメルペイ、LINEクーポン、スマートニュース、グノシーなど様々な箇所で配布されていますのでこちらも忘れずにチェックするようにしましょう(*‘∀‘)

 

ABOUT ME
ペイさん
コード決済を中心にキャッシュレスの最新キャンペーン情報やお得情報。各種クーポンとの併用方法などをTwitterとブログで発信しています。 決済方法を工夫するだけで生活費を20%削減することを目標に日々お得情報を収集・実践しています。